Blog

【超便利】初心者が知っておくべきショートカットキー7選

パンダ君
パンダ君
・PC作業が遅い…
・作業時間を短縮したいよ

ねこ君
ねこ君
少しでも無駄な時間をカットできる方法はないの?

こんなお悩みの方は多いのではないでしょうか。

この悩みを解決するのが、ショートカットキーです。

ショートカットキーを使うと、普通はマウスを使わなければならない操作も、キーボードだけで実行することができ、PC操作を速くすることが可能です。

また、ショートカットキーを使いこなしていると、上司や同期に「こいつ、出来るな」と思わせることも出来ます。

ショートカットキー操作を身につけて、作業効率をぐんと上げましょう。

とは言っても、ショートカットキー操作は種類が膨大にあります。その全てを覚える必要はありません。あまりにたくさんのショートカットキーを使用すると逆に作業効率が落ちてしまします。

今回紹介するのは、 Windows PCを使う上で作業効率が確実に上がるショートカットキーです。

たったの7個なので必ず覚えましょう。

ショートカットキー7選

① Ctrl+A

「全選択」のショートカットキーです。選択範囲をマウスですべてドラックするのはもう止めましょう。

② Ctrl+C

「コピー」のショートカットキーです。CはコピーのCと覚えてください。

③ Ctrl+V

「貼り付け」のショートカットキーです。

この三つは組み合わせることで、作業効率は上がります。

④ Alt+Tab

これはアクティブウィンドウを切り替えるときに超便利です。作業量が増えると、タスクがどんどん溜まっていきます。いちいちウィンドウを開いたり閉じたりしなくて良くなるので、多用してください。

⑤ Windowsキー+D

一瞬ですべてのウィンドウを閉じてくれます。デスクトップにあるものを探したいときに便利とよく言われますが、実はもう一つ使い道があります。

誰にも見られたくない画面を開いているとき、人の気配を感じたら即このショートカットキーです。

⑥ Ctrl+P

印刷のショートカットキーです。業務をしていると印刷しなきゃいけないファイルが大量にありますよね。いちいち右クリックしなくても印刷できるので作業効率はアップします。

⑦ Ctrl+F

文字検索のショートカットキーです。Fは「Find」の頭文字なので覚えやすいでしょう。プログラムのコードを修正するときなんかは良く使いますね。

まとめ

Windows PCを使う上で覚えたいショートカットキーを7つ紹介しました。いかがでしたでしょうか。

今回紹介したのは使用頻度の高いショートカットキーです。1日に何度も使うショートカットキーは積み重ねるとかなりの時間を短縮できます。

作業時間が減るので、無駄な残業をしなくても良くなります。たかがショートカットキーを思わずに、ぜひ覚えてください。

一度に覚えきれない人はこのページをブックマークしておくといいかもしれません。ちなみにブックマークのショートカットキーは「Ctrl+D」です。

使い始めのうちはどうしても慣れませんが、意識して何度も繰り返すうちに自然とショートカットキーが使えるようになります。

毎日のPCライフをより快適にするためにも、少しずつでもショートカットキーを身につけてみてはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。