Life

新卒9ヵ月で仕事を辞めた時の話

サラリーマン
サラリーマン
給料低すぎ、残業多すぎ…

OL
OL
あー、仕事辞めたいな

今回の記事はそんな悩みを抱えている人に向けて書いています。

少しでも参考になればありがたいです。

これは僕の実体験です。

2019年12月まで僕は新卒で大手のSE企業に勤めていました。

勤務して約9か月が経った所で、現場の人の人間関係に疲れきってしまったこと、仕事に対するモチベーションが保てたくなったことで、仕事を辞めようと決意しました。

現場の人間関係はどんなものだったのか…
そして、なぜモチベーションが下がってしまったのか。
実体験を正直に書いていきます。

現場の人間関係

僕の現場は中堅リーダーの下で、50歳くらいのおじさん二人と僕の四人のチームで働いていました。

その他にもよく一緒に仕事をするユニットの方達がいるんですが、作業はチームに割りふられるのでメインはやはりチームでの仕事になります。

このチームの人間関係がとにかく悪い雰囲気だったんです。年上を立てることのできないリーダーと、仕事が全くできないおじさんがいました。

どっちが悪いとかいう話じゃないんですが、毎日怒られているおじさんを見てると悲しくなってくるし、この年齢で末端の作業しかできないなんていったいどんな人生を送ってきたんだろう…

同時に、サラリーマンとしてずっと働くことの怖さを感じました。

出世コースから外れた人間はいつまでたっても末端作業で、転職を繰り返し最終的には自分よりも下の人間に使われる…

みんな自分のやりたいことをやっているわけではなく、給料をもらうために仕方なく働いていて疲れ切っているように見えました。

朝、満員電車に揺られるサラリーマンなら誰でもこのような経験はあるんじゃないでしょうか。

毎日ストレスだけが募っていく。しかし、生きていくためには会社にすがるしかない

結局ストレス発散のためにいつものメンツでいつもの場所で飲み会をする。

今そうしている間にも同世代のできるやつらはぐんぐん伸びていると思うとほんとに悔しかったです。

この悔しさとサラリーマンの怖さを感じ始めてから仕事がどんどんつまらなくなっていきました。

仕事のモチベーションが上がらなくなった

僕の会社はかなり恵まれていて、三か月間の研修と、一年間の教育期間があります。

新卒が成長する環境としてはとても良くて、特に三か月間の研修では外部からの講師の方がみっちりと最先端のプログラミング言語を教えてくれます。

他にも未経験の僕でも理解できるようにパソコンの基礎知識なども教えてもらいました

最近ではプログラミングスクールというものが流行っています。もちろんスクールはタダじゃありませんし、専門大学などに行ってもお金がかかります。

しかし僕は、本来お金を払って学ぶことを、お金をもらいながら学ぶことが出来る最高の環境で三か月間過ごすことが出来たんです。

とにかくやる気に満ち溢れていたし、三か月間努力もしました。

未経験から上級者クラスに行き、そこでも必死になって勉強しました。東京大学出身者とも仲良くなり、毎日プログラミングを教えてもらっていました。

そんな充実した三か月間を過ごした後、いよいよ現場に出ます。身に着けたスキルを発揮しながらも、そこでも毎日勉強して、早く一人前になりたい!そう思っていました。

特に僕は、フリーランスというものに憧れていたので、どんなに忙しくてもいいからとにかくスキルを身につけたかったんです。

しかし!世の中そんな甘いもんじゃありませんでした(笑)

現場で使っているプログラミング言語が研修で学んだものとは違い、もはや化石とも呼ばれるような、とにかく古い言語だったんです…

最新の言語から学んで、いきなりめちゃめちゃ古い言語をやらされる。いってしまえば英語を必死で勉強して海外で生活しようとしたら、ここではネパール語を使いますって言われたようなもんです。

すべては私のリサーチ不足が原因ですが、一気にやる気をなくしてしまいました。仕事に行っても自分のなりたかった姿とは違うことをやっていることに毎日ストレスだけが募っていきました。

僕の人生の目標は「自由」です。自分の目標を達成するためにも三年間はプログラムを学べる会社で修業を積もうと思いましたが、心が折れてしまい、仕事をやめようと決意しました。

これからの生き方

これからは脱サラしたことをマイナスにするのではなく、プラスに転換するため!そして何よりも「自由」を手に入れるための選択を続けていきます。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

脱サラ後の生活

いま仕事を辞めたいと思っている人へ

「やりたくないこと」を続けることはとてもつらいことです。無理に続ける必要は絶対にありません。でも一時のつらいという感情の高ぶりだけで行動するのはやめてください。

冷静に考えたうえで、自分がステップアップするために辞める!

これが一番現実的で理想の辞め方です。今これを見ている人は、辞めることを後押ししてくれる人を探していると思います。

でもそれって無責任すぎませんか??

辞めることに臆病になれと言っているわけではありません!ネガティブな感情のまま辞めることが危険だと思っているだけです。

脱サラの危険さは僕が身をもって体験しているので参考までにどうぞ。
脱サラは結構危険

結局自分の人生なんです。最後に決断するのはいつだって自分!後悔のない人生を送るためにも、ネガティブな感情は捨てて、ポジティブに考えられるようになったとき、

それでも仕事を辞めたいと思ったらぜひ辞めるべきです。

それは未来の自分に「あの時辞めて良かったね」と言える決断になっているはずです。